ちょっと一息〜健康コラム
ちょっと一息〜健康コラム
文書作成日:2023/11/05
2通りの休息を組み合わせて、体調を整えよう

身体の疲れを感じた時には休息をとることが必要ですが、休息が大きく分けて2通りあることをご存じでしょうか。休息のとり方によって、身体が回復することもあれば、逆に疲労が増してしまうことがあります。今回は、体調管理におすすめの2通りの休息スタイルについて、詳しくご紹介します。

1
休息には、「消極的休息」と「積極的休息」がある

 休息というと、とにかくゆっくり過ごすことが基本だと捉えがちですが、休息には「消極的休息(パッシブレスト)」と「積極的休息(アクティブレスト)」の2通りがあります。必要に応じて休息のスタイルを選ぶことが疲労回復を助けます。

「消極的休息」とは?
「消極的休息」とは、身体を休めて疲労回復を図ることを目的としています。一例としては、しっかりと睡眠をとることを基本に、昼寝、瞑想、アロマセラピー、読書、映画鑑賞、音楽鑑賞などが挙げられます。基本的に自宅内で身体をあまり動かさずに行えることなら、「消極的休息」となります。「消極的休息」を続けすぎると、副交感神経が優位になって心拍・血圧が低下し、疲労が蓄積されることがあります。
「積極的休息」とは?
「積極的休息」とは、身体を少し動かすことで血流がアップして疲労物質を排出し、回復を促すことを指します。身体を動かすことで疲労回復効果のある成長ホルモンが分泌され、睡眠の質が上がるといわれています。一例としては、軽いウォーキング・散歩、ショッピング、ストレッチ、マッサージ、入浴・温泉などが挙げられます。身体に負担のない範囲で動かすことが、積極的休息とされています。
2
2通りの休息をバランスよくとる

 寝ても疲れが抜けない、身体が重い、痛みを感じるといった強めの疲労感がある場合は、「消極的休息」で身体を回復させることが第一です。逆に、なんとなくだるい、何をするのもめんどくさい、そんな時は「積極的休息」で外に出かけるのがおすすめ。少し身体を動かすことで血行もよくなり、翌日には疲労回復を実感できるのではないでしょうか。

 また、午前中は「消極的休息」を、午後からは少し散歩をして「積極的休息」に切り替える、そんな方法も有効です。今の疲労感がどれぐらいなのかご自身で探りながら、休息のスタイルを選んでいただけたらと思います。

 「消極的休息」で短歌や俳句を詠んでみる、日記を書いてみる、「積極的休息」で新しいダンスに挑戦する、カラオケに行くなど、ご自分の趣味と組み合わせてみると、より楽しめるはずです。ご自分に合った休息スタイルを見つけてはいかがでしょうか。

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。


 
お問合せ
奈良原会計事務所
あいゆう税理士法人
〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目8番8号
とみん新宿ビル3F
TEL:03-5367-3031
FAX:03-5367-3036
メールでのお問合せ